ED(勃起不全)と3大ED治療薬

EDとは、「性行為を行うのに十分な勃起が得られないか、維持できない状態」の疾患です。

日本で処方されるED治療薬は3大ED治療薬と呼ばれる 「バイアグラ、シアリス、レビトラ」 があり、海外製も含め、正規のジェネリック薬品はこの3大ED治療薬が元となり同じ成分となっています。

これらのED治療薬の対象者は、毎回ではなくても断続的でも長期間に続き男性の勃起が正常ではない方になります。EDは若い方は20代から発症しますが、30~40代以降の中年男性に多く見られます。

3大ED治療薬と呼ばれる「バイアグラ、シアリス、レビトラ」はED改善の原理は同じです。どのお薬が一番効果が良いかではなく、一番重要なのはお薬との相性なようです。

3大ED治療薬の原理はどれも同じ

ED治療薬の薬効原理はどれも同じでPDE5阻害薬と呼ばれるお薬になります。

PDE5とは本来、勃起状態を元に戻す働きをする必要な酵素でもあります。
ですが、EDの発症によりPDE5酵素が強く作用し、男性器へ血流が確保できなくなることで、勃起がうまくできなくなります。

PDE5阻害薬はPDE5の作用を抑えつけることで陰茎海綿体への血流を増幅し、勃起を促します。PDE5阻害薬には以下の3つがあります。

ED治療薬はEDの原因物質の生成を抑える事で、本来の男性力を取り戻す事ができる薬効です。

バイアグラとは?

バイアグラ

世界初の飲むED治療薬として最も有名なお薬です。持続時間が短く、食事の影響を受けやすいという欠点があります。

カマグラと同成分、効果のバイアグラ

主成分であるシルデナフィルはもともと狭心症の治療薬として開発されていましたが、臨床試験において狭心症への効果は出ませんでした。ある時、薬の返却を被験者に求めたところ、一部の被験者が返却を渋ってみたので理由を聞いたところ、勃起機能が改善したという事が判明しました。この結果から同社は勃起改善薬として目をつけ、1998年にFDAより正式に認可を受けました。こうして世界で初めて「飲む勃起改善薬」として販売されたのがバイアグラです。

反面、勃起改善効果は他のED治療薬に比べて高い、という人も多くいます。

最古参でありながら、いまだに根強い人気のあるED治療薬です。

販売当初は「夢の薬」として瞬く間に世界中で話題となり、ED治療に新たな地平をもたらしたお薬と言えます。後にレビトラやシアリスなど、短所(バイアグラは食事の影響を受けやすいお薬です)が改善されたED治療薬が販売されましたが、現在においても根強い人気があります。これは薬との相性の問題であり、他の2剤よりもバイアグラの方が効果が出るという方もいるためです。
バイアグラには国内外で多数のジェネリック医薬品が販売されていますが、特に通販で人気が高いジェネリック医薬品が当サイトでご紹介しているカマグラゴールドです。カマグラゴールドはバイアグラに比べて1錠あたりの薬価が非常に安く、1/3程度の値段で購入できます。さらにカマグラゴールドは1錠あたりの含有量が100mgと非常に高いため、日本人は半分(50mg)もしくは1/4(25mg)に分割して飲むのが適量とされています。こういった事を踏まえると非常に経済的なED治療薬である事がわかります。

バイアグラの概要

効果
PDE5を阻害し、血管を拡張させて陰茎海綿体への血流を促します。
飲んでから60分ほどで効果が出はじめ、4時間ほど効果が持続します。
副作用
主な副作用としてほてり、潮紅、頭痛、動悸が報告されています。
飲み方
1日1回、25~50mgを性行為の1時間前に服用します。飲むタイミングは空腹時で、服用間隔は24時間以上あけましょう。

レビトラとは?

レビトラ

バイアグラの次に出てきたED治療薬で、バイアグラより即効性、食事の影響、持続時間という3つの点において改善された強力なお薬です。

レビトラのジェネリックのバリフ


レビトラはドイツのバイエル社によって開発されたお薬で、2003年に販売されました。レビトラの主成分はバルデナフィルで、基本的な作用はバイアグラと同じです。レビトラはバイアグラに続いて登場したED治療薬であり、食事の影響を受けやすいというバイアグラの短所を改善したお薬となります。とは言え、影響を受けないのはあくまで標準的な量の食事でのお話です。どういう事かと言うと、レビトラに影響を与えない食事の摂取量は700kcal以内で、なおかつ脂肪分が全体の30%以内に抑えなければなりません。このため、肉や揚げ物など高カロリー・高脂質な食べ物はレビトラの服用前には向いていません。レビトラの勃起効果を最大限に引き出すためには、野菜や果実などカロリー控えめで血行促進につながる食べ物を中心に摂取しましょう。また、空腹時に飲んだ方が確実に効果を発揮できます。
レビトラは他の2剤に比べて比較的効果が早く出る傾向があるので、即効性では最も優秀なED治療薬と言えます。また、効果の持続時間がバイアグラの約2倍となります。
レビトラにもジェネリック医薬品が多数ありますが、通販で人気のジェネリック医薬品としてバリフがあります。

レビトラの概要

効果
PDE5を阻害し、血管を拡張させて陰茎海綿体への血流を促します。
飲んでから30~45分ほどで効果が出はじめ、8時間ほど効果が持続します。
副作用
主な副作用としてほてり、頭痛、動悸、鼻づまりが報告されています。
飲み方
1日1回、10mgを性行為の1時間前に服用します。10mgで効果が見られず、副作用の心配もない場合は20mgまで増量できます。高齢者や中等度の肝障害のある患者は薬の血中濃度が高くなる恐れがあるので、5mgから飲み始めます。
服用間隔は24時間以上あけましょう。

レビトラに影響しない食事の量は700kcalまでとなりますので、レビトラの服用前の食事は軽いものにしておきましょう。
また、空腹時に飲んだほうが確実な効果を得られます。

シアリスとは?

シアリス

国内では現状で最も新しいED治療薬です。

シアリスの価格と詳細の確認

レビトラよりもさらに食事の影響を受けにくくなっていますが、特筆すべき点として持続時間が圧倒的に長いという点です。
シアリスはアメリカのイーライリリー社によって開発されたお薬で、2002年に販売されました。シアリスの主成分はタダラフィルで、基本的な作用はバイアグラやレビトラと同じです。国内ではレビトラに次いで3番目に販売されたED治療薬です。シアリスはレビトラよりもさらに食事の影響を受けにくくなり、効果の持続時間が大幅に向上しました。レビトラに影響しない食事が700kcalでなおかつ脂肪分が30%以下であるのに対し、シアリスに影響しない食事は800kcalとなっています。食事の影響を受けにくくなっていますが、バイアグラやレビトラと同様に空腹時に飲んだ方が確実な効果を得られます。シアリスは36時間と群を抜いて効果の持続時間が長いため、飲むタイミングを気にしなくて済むというメリットがあります。継続して飲んでいれば、いつでも薬の効果によって安定した勃起力を維持できるのです。
シアリスのジェネリック医薬品として人気があるお薬はタダリス、タダシップ、メガリス等です。

とはいえ、レビトラと同様に空腹時の方が良く吸収されて効果も強く出ます。

シアリスの概要

効果
PDE5を阻害し、血管を拡張させて陰茎海綿体への血流を促します。
飲んでから30~60分ほどで効果が出はじめ、36時間ほど効果が持続します。
副作用
主な副作用として頭痛、ほてり、潮紅、消化不良が報告されています。
飲み方
1日1回、10mgを性行為の1時間前に服用します。10mgで効果が見られず、副作用の心配もない場合は20mgまで増量できます。服用間隔は24時間以上あけましょう。軽度または中等度の肝障害のある患者は薬の血中濃度が高くなる恐れがあるので、5mgから飲み始めます。軽度または中等度の肝障害のある患者は最大服用量を10mgとします。 軽度または中等度の腎障害のある患者は5mgから飲みはじめ、最大服用量は10mgとします。さらに腎障害の患者が10mgを服用する場合に限り、服用間隔を48時間以上あけましょう。

EDの原因

EDの原因は陰茎海綿体への血流不足ですが、血流不足を引き起こす要因は様々です。EDは血流不足の要因によって心因性ED、器質性ED、薬物性EDの3つに分類されます。

心か身体の問題か、又は何か病気等でお薬を服用している事での分類です。

心因性EDは精神的なストレスや不安、セックスに対する緊張やプレッシャーによって勃起が妨げられる状態です。

器質性EDは血管や神経に何らかの障害があって陰茎海綿体への血流が滞ったり、脳からの勃起を促す指令がうまく伝達されなかったりしてEDとなる状態です。

薬物性EDは普段から服用している薬がなんらかの作用をおよぼしてEDとなる状態です。

また、心因性EDと器質性EDが合わさった混合型EDも多くみられます。

混合型EDは複数の要因が複雑に絡み合っている場合が多く、直接的な要因を突き止めるのが困難になります。

EDの症状

EDの症状は主に勃起不全、勃起時の硬さ不足、勃起が持続できない等です。

EDの症状はセックスが男性器の状態から軽度・中等度・重度(完全)の3分類できます。

  • 軽度:勃起はするが、満足がいくほど持続しない
  • 中等度:たまにしか勃起がうまくいかないが、持続はする
  • 重度(完全):まったく勃起しない

特に重度の場合はED治療薬では効果が及ばない可能性もありますので、その場合は医師にご相談が必要です。

また、勃起時の硬さを判断する指標として、以下の通りグレードが0~4まで分類されています。

EDグレード
  • グレード0:陰茎がまったく勃起しない状態
  • グレード1:こんにゃく。大きくなるが、硬くない
  • グレード2:みかん。硬くなるものの、挿入するには不十分
  • グレード3:グレープフルーツ。挿入できる硬さではあるものの、完全ではない。
  • グレード4:りんご。陰茎が完全に勃起している状態。

グレード0~2は明らかにEDの症状ですので、治療や対策が必要になります。
グレード3においても、セックスに支障をきたすようであればED治療を行います。

EDを改善するには

EDを改善するためには、体の血行を促進し、男性ホルモンを分泌できる環境を整え、勃起に影響する筋力を鍛える事が大切です。また、心因性EDであれば心の不安や緊張をほぐすために心身をリラックスさせる事も有効です。

血行を促進する方法として食べ物を改善する、タバコやお酒を控える、有酸素運動をするといった事が有効です。

男性ホルモンを分泌させるには亜鉛を含んだ食べ物(牡蠣など)を多く摂る、睡眠(特に22時~26時の間)をしっかりとるといった方法があります。

勃起に影響する筋肉とは骨盤底筋群という、ペニスの根本付近にある筋肉です。有効なトレーニングとしてスクワットやお尻を引き締めるトレーニングがあります。

EDでリラックス効果を得る手段としては温冷浴などの入浴方法、アロマといったものがあります。

中折れとは

中折れとは、セックスにおいて挿入中にペニスが萎えてしまう状態です。

EDとは別物であると勘違いされやすい症状ですが、中折れは立派なEDの症状です。

中折れを改善するには、原因を把握したうえでしっかりと対策を行うことが大切です。

中折れの原因

中折れの原因はEDと同様に陰茎海綿体への血流不足になりますが、複雑な要因が絡み合っていることが多いです。

器質性の要因として加齢による動脈硬化、疲労、生活習慣病、過度の飲酒、喫煙、自慰行為(オナニー)のし過ぎ等があります。

心因性の要因として日常生活で抱えている悩みや不安、セックスへの緊張やプレッシャー、過去のトラウマや自身の体へのコンプレックス、コンドームへの苦手意識、うつ病などがあります。

パートナーに原因がある場合、セックスのマンネリ、パートナーへの性的興奮の低下、膣が濡れない事による快感不足などがあります。

中折れの対策

中折れの対策は原因を解決する事ですが、身体面、精神面、パートナーそれぞれに対策方法があります。

まず中折れ対策として最も有効な手段はED治療薬の服用となります。次いで滋養強壮サプリメントを習慣的に飲むことです。

身体面で行える中折れ対策は食生活の改善、睡眠の確保、禁酒や禁煙、スクワットなどの下半身(特に骨盤底筋群)トレーニング等があります。

精神面では何かしらご自身に適したストレス解消法を行う、入浴やアロマでリラクゼーションを行うなどがあります。

パートナーと行える対策としてセックスのマンネリ解消(場所を変える、大人のおもちゃを使うなど)をする、膣が濡れない場合は不感症の薬を使うといった方法が有効です。

カマグラゴールドを活用して性生活の向上を!

カマグラゴールドはバイアグラ系のジェネリックであるため、利用実績が20年以上と長く、安心してご利用頂けます。

また、多くの方に利用されている事もあり、世界中での流通量も多く、そのため「安価」で経済的にです。

目の充血や頭痛などの副作用が気になって手にする事が出来ないかもしれませんが、殆どの方は気にならない程度ですので、まずは1錠を小さく分割して少量から試してみませんか。

タイトルとURLをコピーしました